​子供から大人まで楽しめる

TAMIYA

工作シリーズ

759cca24c8f61d0.jpg
259cd2fe17e8459.jpg
459cd101d9a6eb4.jpg
059cca512d32dc5_edited.jpg
859cca24d02dbb6.jpg
859cca4e88f20d9_edited.jpg
​タミヤの工作キットやパーツなど取り揃えてございます
dc120401.JPG
dc120402.JPG
s-dc042206.jpg
s-dc052118.jpg

​加須市商工会企画の店主が先生になって開く商業の学校「まちの商学校」ではタミヤの工作シリーズを使って入門向け工作教室も開催しております。

​スタッフが作った工作ロボ

タミヤの工作キットは基本、パーツを切り取るニッパーとドライバーがあれば説明書を読みながら組み立てることが出来ます。

​動かすための乾電池は別売です)

完成したらどんな動きをするのかワクワクしながら遊んで​みましょう。

 
 
プラバン・プラ材でアイデア工作も♪
659d34eae14a0e7.jpg

プラパイプ白 長さ40㎝
直径(3mm)

459d35007048d37.jpg

プラパイプ透明 40㎝
直径(3mm/5mm/8mm)

259d3571c542e42.jpg

ソフト丸棒透明
40㎝直径(2mm/3mm)

959d3571ca78c32.jpg

丸棒 白
40㎝直径(1mm/2mm/3mm)

259d357c3f12083.jpg

角棒 白
40㎝直径(3mm/5mm)

259d35491cd4a33.jpg

L形棒 透明
40㎝(3mm/5mm)

U形棒 透明
40㎝(3mm)

859d35493a6de60.jpg

H形棒 透明
40㎝(3mm)

ソフト丸棒のこんな使い方

459d359d5661f07.jpg

熱を加えることなく手で簡単に曲げられる、やわらかい材質でできたプラスチックの棒材です。

180度曲げることも可能。しかも、折れたり曲げた部分がもろくなることがありません。カッターなどを使って自由にカットしたり削ったりもできます。プラスチックモデルや、プラスチックの板「プラバン」などと基本的に同じ材質ですので、塗料や接着剤もプラスチックモデル用がそのまま使えます。
また光ファイバーのように光を通すので、おしゃれなディスプレイも楽しめます。
オリジナルアクセサリーやディスプレイ製作が自由に楽しめるソフトプラ材。

新しいクラフトの世界が広がります。

プラパイプのこんな使い方

059d5ac3ac1de64.jpg

タミヤのプラパイプを利用してこんな工作も楽しめます。

パイプのサイズは3mm、5mm、8mmとございますので組み合わせ方とアイデア次第で色んな工作を楽しむことが出来ます。

画像は当店の体験教室で作った魔法のステッキです(^^)

作り方などはお気軽に店頭でスタッフまでお尋ねください。

 

タミヤ プラバン

959cce4616975a5.jpg

タミヤ プラバン(白) B4サイズ
厚み(0.3mm/0.5mm/1.0mm)

859cce5b1b0abc8.jpg

タミヤ プラバン(透明) B4サイズ
厚み(0.2mm/0.3mm/0.4mm/1.7mm)

 

タミヤ 縮むプラバン

159cce660c52ac6.jpg

タミヤ縮むプラバン(白)

859cce66138a5b8.jpg

タミヤ縮むプラバン(透明)

懐かしいプラバンですが、最近はいろんな加工方法が流行っています。

昔は油性マジックを使いトースターで焼いた後プレスしていましたが今は色鉛筆やパステル、ポスカなどを使い、さらには焼いてすぐに折り曲げるといった立体加工なんかも主流なんです。仕上げにニスやUVレジンでぷっくりとコーティングする加工も人気ですね。

☆折り曲げて立体加工☆

s-金魚下書き.jpg

熱を加えたら

すぐに折り曲げています

​(着色:色鉛筆)

s-金魚.jpg

熱いうちに折り曲げて立体加工にしています。

軍手など使い直接手で曲げていますがすぐに硬くなってしまうので素早く曲げるのがコツです。

立体加工したプラバンを組合わせて一つの作品として作り上げるのもおすすめです。

​着色した面を内側に曲げれば表面はツルツルピカピカになっています。

着色をポスカで

959cce20c489711.jpg
659cce20bd2cc67.jpg

ポスカを使うとマットな仕上がりに作れます。

油性マジックで形を描いて裏側をポスカで着色してからオーブントースターで焼いています。

アレンジして

659cce20c980d01.jpg

下書きに白の油性マジックをしようするとまた違った雰囲気に仕上がります。

ふんわりした着色はパステルを使用しています。

​ツルツルしたプラバンに色鉛筆やパステルを使用する場合は着色できないので下地処理として紙やすりでこすってから色を塗ります。​

s-dc052717.jpg
959cce20c643708.jpg

パステルでふんわりした着色のコツはとにかく「薄く色を付ける事」です。

焼くことで約1/6まで縮むため色がかなり濃く出てきます。

​仕上げにぷっくりキラキラにしたい場合はUVレジンでコーティングします。

​カットしただけのプラバンを焼いただけでもこんな素敵な仕上がりになります。

​プラバンにUVレジンとクラッシュシェル(砕いた貝殻)をコーティングして透明感を楽しんだり

紙やすりで擦っただけのプラバンを焼いてマットな仕上がりにしてみたりアイデア次第でいろんな作品が作れます。